1. トップ
  2. サービス事例
  3. リサーチ&コンサルティング
  4. クラスター分析による商圏住民の属性把握

クラスター分析による商圏住民の属性把握

お客様の課題・背景

  • 競合店の進出により、存在感が相対的に弱まりつつあった郊外店舗のポジション把握
  • 改装に向けた新規店舗の需要の調査

テムズのソリューション

  • 出口調査による現顧客のニーズ把握
  • Web調査による見込み顧客のクラスター分析

概要

競合となるファッション小売店がひしめき合う郊外店舗において、その活性化策が求められた。

まず、店舗内での回遊状況を把握するため来店者に対して出口調査を実施。また、商圏住民に対するWeb調査では、クラスター分析により住民の消費志向ごとに属性を設定。

同企業に対する親和性の高い住民=見込み顧客数を把握するとともに、その住民たちが地域にとって不足に感じているカテゴリー・ショップを分析した。その結果、調査後に行った改装では、調査に基づいた導線の設置と、商圏住民に求められていた新規店舗の導入がなされた。

 

 他の事例も見る

広告戦略策定

TVCM効果測定

リサーチ&コンサルティング

プロジェクト費用

900万円

期間

3ヶ月

キーワード

出口調査、郵送調査、Web調査、クラスター分析、商圏分析、導線把握、店舗開発、店舗改装、施策立案

お問い合わせ
  1. トップ
  2. サービス事例
  3. リサーチ&コンサルティング
  4. クラスター分析による商圏住民の属性把握
ページトップへ