1. トップ
  2. サービス事例
  3. リサーチ&コンサルティング
  4. 産学協働による新規店舗コンセプト開発のリサーチ&コンピュータデータ解析

産学協働による新規店舗コンセプト開発のリサーチ&コンピュータデータ解析

お客様の課題・背景

  • 新規店舗の開店における、導入テナントの選定
  • 高所得ターゲットのアメニティに対するニーズ検証
  • BGMの選択等、店舗演出細部に渡る受容性の検証

テムズのソリューション

  • 人気ブランドとターゲット顧客の親和性を、産学協働で分析
  • フォーカスグループインタビュー調査によるアメニティに対するニーズ導出
  • デプスインタビュー調査による店舗演出細部要件の決定

概要

テムズでは、フラッグシップとしてオープンする新規ファッション店舗に関する事前分析を多角的に行った。

「既存のメインターゲットから高所得層へのシフト」というコンセプトのもとに、大学研究室と協働で人気ブランドと想定ターゲットとの親和性を検証。同店舗で取り扱うブランド選定のためのバックデータとした。

また、BGMの決定などソフト面に対する想定ターゲットの期待をFGI(フォーカスグループインタビュー)やデプスインタビューなどの定性調査によってあぶりだした。

結果、この店舗は新しい旗艦店舗として期待以上のターゲット来店数を獲得。開店数ヶ月にして、グループ全体を牽引する店舗となるまでに売上を伸ばしている。

 

 他の事例も見る

広告戦略策定

TVCM効果測定

リサーチ&コンサルティング

プロジェクト費用

950万円

期間

約6ヶ月

キーワード

フォーカスグループインタビュー調査(FGI)、デプスインタビュー、Web調査、産学協働、コンピュータデータ解析、店舗コンセプト

お問い合わせ
  1. トップ
  2. サービス事例
  3. リサーチ&コンサルティング
  4. 産学協働による新規店舗コンセプト開発のリサーチ&コンピュータデータ解析
ページトップへ